女性が多い貧血の原因と症状を知って治そう

頭痛や立ちくらみがあるとなると、

・貧血の症状なのかな?
・ずっと症状が続いているけれど、治すことができる?
と疑問を持った方が解決できるブログになっています。
この記事「女性が多い貧血の原因と症状を知って治そう」を読むと、今まで悩んでいた貧血の原因と対処方法を知ることができ、改善できるようになります。




貧血は女性が多く10人に1人と言われている

貧血は酸素を供給する働きをもつ血液中の赤血球や、その中に含まれるヘモグロビンが減少し、体が酸素不足になることを言います。

貧血と判断される基準は、以下の血中のヘモグロビンの数値で診断されます。

  • 男性:13.0g/dl以下
  • 女性:12.0g/dl以下

貧血は男性より女性に多く、10人に1人とも言われています。

貧血の症状は顔色が悪く動悸や息切れなどが出てくる

貧血になると、以下の症状が現れるようになります。

  • 疲れやすい、寝ても疲れが取れない
  • 動悸や息切れする
  • 爪が白い、デコボコがある、割れやすい
  • 顔色が悪い、黄色っぽいくすんだ色になっている
  • 飲み物などに入っている氷を食べてしまう
  • 生理の出血量が多い
  • 胃を切除した経験がある
  • 食事の偏りがある、肉を食べることが少ない。
  • 頭痛やめまい、肩こり、耳鳴りがある
  • 肌荒れや抜け毛

貧血の症状が悪化すると胃潰瘍など病気が発症するリスクがある

貧血の症状を改善せずにそのままにしておくと、主に以下のような病気を引き起こすことがあります。

  • 鉄欠乏性貧血
  • 巨赤芽球性貧血
  • 再生不良性貧血
  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍
  • 胃がん
  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症
  • 慢性腎不全
  • 白血病
  • 多発性骨髄腫 など

女性の貧血の原因は主に偏食やダイエットが多い

貧血になる原因は主に偏食やダイエットが原因

貧血はほかの病気で引き起こすことがありますが、それ以外の原因は日常の生活に問題があることが多いです。

女性の貧血になる原因1 偏食やダイエット

偏食やダイエットで偏った食事になり、良質なたんぱく質や鉄、ビタミンC不足し、貧血になります。この原因による貧血は、主に若い女性が多い傾向があります。

女性の貧血になる原因2 生理による出血

健康な女性であれば生理で貧血になることはありません。しかし、無理なダイエットや偏食をしていると、生理で貧血を引き起こすことがあります。

女性の貧血になる原因3 妊娠や出産、授乳による母体の鉄分不足

妊娠によって、体内の鉄分は優先的に胎児の発育や胎盤の機能維持に使われます。また、出産後は赤ちゃんは母乳によって必要な鉄分を補給します。

そのため、妊娠中・授乳時期は、貧血を起こしやすくなります。

女性に必見!貧血を治すにはストレスをためずに生活改善

貧血はストレスをためずに生活改善をすることが大切

貧血は、偏った食生活やダイエットが主な原因です。そのため食生活を見直す必要がでてきます。貧血を予防する食事方法は、この5つになります。

  • 3食バランス良く、規則正しく食べる
  • 鉄を多く含む食品を毎日摂取し、良質なタンパク質とビタミンCも取る
  • 貧血に良くない食品は控える
  • 加工した食品に偏らず、手作りもする
  • ストレスをためずに楽しく食事をする

ただし、食事を改善しても、貧血が続いて辛い場合や症状が酷い場合は隠れた病気の可能性があるため、病院で診察を受けるようにしてください。
病院は、普段お世話になっている内科で診察してもらえます。また、女性の場合は婦人科でも可能です。

貧血を治すにはいい食べ物はお肉や魚を使った料理を食べよう

食事はをたんぱく質、鉄分、鉄分の吸収を助けるビタミンCを中心にして、バランスのいい食事をとるようにしましょう。

鉄分を摂取できるいい食べ物はやはりレバーが一番ですが、苦手の場合は牛肉やかつお、いわしなどから取ることができます。また、野菜や豆類、穀類など植物性食品に含まれます。

ただし、肉と魚などの鉄分と野菜などから取れる鉄分が種類が違い、肉などから摂取ができる鉄分は「ヘム鉄」、野菜などから取れる鉄分は「非ヘム鉄」になります。
鉄分自体が体内での吸収が悪いので、吸収がいい「ヘム鉄」が含まれる肉や魚を含んだ料理を積極的に食べるといいでしょう。

コストや手間がかからない貧血予防の料理は、レバニラ炒めがオススメです。また、マグロやカツオのお刺身も鉄分が多いので、ちょっとしたご褒美の食事にもいいでしょう。

また、じゃがいも、ブロッコリー、グレープフルーツなどは、鉄分の吸収を助けるビタミンCやクエン酸が含まれているので、一緒に食べるといいでしょう。

貧血予防のために控えた方がいい9つの飲み物と食べ物

貧血を予防するために控えた方がいい飲み物や食べ物があります。

  • 緑茶
  • 紅茶
  • ウーロン茶
  • コ-ヒ-
  • 玄米
  • おから
  • ハムやソーセージ、練り製品などの加工食品
  • 清涼飲料水
  • スナック菓子 など

これらの食材の成分に鉄分の吸収を低くするため、できるだけ食べたり飲んだりすることを控えるようにしてください。

貧血を治す食事改善にストレスを感じたら合っていない!

貧血を治すためにバランスのいい食事をすることは大切です。
しかし、忙しい日があったり、友人と食事に行ったりと都合もあるので、毎日栄養バランスを気にかけることはかなり大変でストレスにもなります。

ストレスは健康の一番の敵でもあるので、それでは意味がありません。

さらにバランスがいい食事をとることは毎日の習慣にもなるので、無理せずにやっていくことがとても大切になります。

そのため、絶対に自然な食材で栄養を取ろうを考えずに、市販のサプリをうまく活用しながら食事を改善するようにしてください。

とくに「 美めぐり習慣(貧血・鉄分) 」は、1日に必要な鉄分以外に葉酸・ビタミンB12・ビタミンB6・ビタミンCも取れるとても優秀なサプリメントです。

上記でお伝えした通り鉄分にも体に吸収されやすいのとされにくいものがありますが、このサプリメントは体に吸収されやすい”ヘム鉄”を100パーセント使っているので、確実に貧血やめまいなどを改善できます。

粒も小さく味も匂いもないので薬や錠剤が苦手な人でも飲みやすかったり、また妊娠している方にも安心して飲める材料で作られているのでオススメです。

\オーガニックで作られたマタニティの方にも安心して飲めるサプリメント/

女性の貧血はストレスフリーすることがとても大切

貧血は、

  • 立ちくらみや頭痛などの症状がある
  • 過度なダイエットや偏食が原因が多い
  • バランスがいい食事でサプリを活用する

この3つを押えておくといいでしょう。

貧血の治すカギは食事です。しかし、絶対に自然な食材でバランスをとることに夢中になりすぎて、ストレスをためてしまう方が多くいらっしゃります。

そのため、サプリなどをうまく使って栄養を補い、無理しないようにしてください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク