うつ病も改善!睡眠方法で健康になる方法

シェアする

寝たいけれども、

・眠りが浅くて辛い。
・疲れがとれないけど、何かいい方法がないかな?
と悩んでいる方が解決できるブログになっています。
この記事「うつ病も改善!睡眠方法で健康になる方法」を読むと、うまく寝れない原因や改善方法が分かり、快適な睡眠を手に入れれるようになります。




睡眠障害が悪化するとうつ病を発症しやすくなる

睡眠障害が悪化するとうつ病を発症しやすくなる

寝ることはとても大切です。
なぜなら、睡眠は心身の疲労回復をもたらしたり、記憶を残す処理を脳が行ったり、免疫機能を強化したりするなど様々な役割があるからです。

しかし、最近は寝ようとしても眠れない、朝早くに目が覚めるといった症状で悩んでいる人がとても多くいらっしゃります。
このような症状は睡眠障害と言われており、眠気やだるさ、集中力の低下などになり日常生活に影響を及ぼしたり、病気になりやすくなったりします。
また、心にも影響し、自分を責めたり、悲観的な考えをしたり、イライラしたりすることが多くなります。

睡眠障害が悪化していくと体と心のコントロールが難しくなり、うつ病を発症します。

この睡眠障害は年々増えており、今では成人の5人に1人がと言われています。

睡眠障害で多い原因はストレスや生活リズムの乱れ

睡眠障害は、環境や生活習慣によるもの、精神的・身体的な病気からなるもの、薬との関係性などと、さまざまな原因があると言われています。

近頃はライフスタイルの多様化や24時間社会における生活リズムの乱れによる原因が一番多いと言われています。

この要因は現在の日本社会の仕組みによってなりやすいため、いつ自分たちが睡眠障害になってもおかしくない身近な病気になっています。

睡眠障害を改善できる熟睡する4つの方法

熟睡できる睡眠にする方法は4つある

人は、朝に起きて朝日を浴び、太陽が沈むと体を休めるというサイクルになっています。

このサイクルが崩れると快適な睡眠から遠ざかっていきます。夜型の生活をしている人が睡眠障害やうつ病が多いのは、この生活のサイクルが逆の流れで生きているからです。

熟睡を手に入れるためには、まずは人の生きる上の本来のスタイルで生活することを重点に置くように心がけてみてください。

しかし、仕事や用事などがあるので急にスタイルを戻すことは難しいでしょう。なので、熟睡にするための4つの姿勢にするだけでも、睡眠の質は違いますので試してみましょう。

睡眠障害の改善1起きる時間を固定し散歩でストレスを軽減する

1日のスタートとなる朝の起きる時間を固定して、日々のリズムを整えてください。そして、散歩やウォーキングを取りれましょう。

20分ほどの散歩やウォーキングを取り入れるだけで、脳内に「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンが分泌され、安心感、幸福感などをもたらしくれるようになります。

すると、本来の人の生活リズムに戻しつつ、ストレスを軽減することができるので、質のいい睡眠へ繋がり、熟睡ができるようになっていきます。

睡眠障害の改善2アロマの香りで熟睡をする

アロマは香りによってリラックス効果があるので、寝る前に焚くと日中アクティブだった脳の働きを落ち着かせ、質のいい睡眠が取れるよう誘導してくれます。

そして、次の日の朝は気持ちがいいほどスッキリとした目覚めを味わうことができます。

アロマでも人工的より天然成分で作られたものの方が香りで不快になることがありません。

とくに SWITCH me アロマミストは、眠りに困っている女性向けに作られた天然成分を100%使っているので、体にも安心して使えるのでオススメです。


香りも柑橘系なので、すごく甘い匂いでもなくサッパリし過ぎた香りでもなく、ほどよい眠りを誘ってくれる香りで気持ちがいいです。

そして、この SWITCH me アロマミストはミストなので、寝具にかけたり、香りをかくだけでいいので、わざわざアロマを焚かなくてもいいので、火の心配や片付けなど面倒なことをせずに、そのまま眠りにつくことができます。

筆者は自律神経が乱れたときにアロマを焚いていましたが、火の心配があったので、眠たくなっても後片付けをしてから寝ていました。
寝たいときに寝れないこともストレスで、また片づけをすることで頭が冴えたりして困っていたので、天然成分のミストタイプはとても重宝です。

布団に入ってもすぐ寝れなかったり、寝ても朝起きると体が重くて辛かっりする人は、ぜひ使ってみてください。

\子どもにも安心して使えるアロマ/

睡眠障害の改善3お酒を飲んでリラックスする

アルコールはリラックス効果があるので、飲むことに悪く貼りません。

ただし、お酒の飲むタイミングを間違えると危険に繋がります。

寝る前に飲むお酒「寝酒」は習慣化すると次第に量が増えていき、アルコール依存症にもつながりやすいと医学で証明されています。

また、アルコールの血中濃度が高くなると鎮静作用で一時的に眠くなりますが、分解されると急にその作用が抜けて目覚めやすくなります。
このほかにも、お酒は利尿作用があるので、途中で目が覚めやすくなり、睡眠の質を下げてしまいます。

このことからお酒を飲むことでリラックスすることは悪くはありませんが、お酒を飲む時間・タイミングを間違えないようにして、軽く楽しむ程度の量で楽しみましょう。

睡眠障害の改善4サプリメントを飲んで寝つきをよくしよう

睡眠用のサプリメントには睡眠の質を高める成分が調合されています。
なので、忙しくて散歩する時間がない人やシフト制の勤務をしている人が熟睡したいと思ったときに飲むと、とても効果を感じることができます。

しかし、サプリメントと聞くと、体に影響を及ぼさないか、依存しやすくならないかと不安になります。

そのような不安がある方は、「ネムリス睡眠サプリメントがお勧めです。

なぜなら、筑波大学・裏出教授監修の国内で初めて発見した休息サプリメントで、天然植物ハーブ12種から快眠成分を凝縮配合して作られているので、体への負担がありません。

また、不眠症にはサプリメントは意味がないと言われていますが、【ネムリス睡眠サプリメント】は快適な睡眠ができることを科学的効果が実証されているので、改善することができます。

シフト制だけどぐっすり寝たくて悩んたり、寝れないけど睡眠導入剤は飲みたくない困っていたりした人は、ぜひ買ってみてください。

\楽天ショッピング 植物・ハーブランキング第1位を獲得したサプリメント/

睡眠は生活習慣を見直すと熟睡を手に入れれる

質のいい睡眠をとるには、

  • 眠れないと体や心に悪影響を及ぼし、うつ病になる
  • 原因の生活リズムの乱れやストレスを減らそう
  • 散歩やアロマなどを取り入れよう

この3つを押さえておきましょう。

睡眠はストレスの軽減にもなるので、できるだけ質のいい眠りをとるように工夫しましょう。散歩や運動する時間がない人の場合は、アロマやサプリメントを利用すると熟睡しやすいようになります。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする



スポンサーリンク