離婚後に自分の条件に合ったシングルマザーの賢い仕事探し

シェアする

離婚するとなると、

・自分の条件を優先して仕事を探せれる?
・どこの転職サイトだと、仕事が見つかりやすい?
と悩んでいる方が解決できるブログになっています。
この記事「離婚後に自分の条件に合ったシングルマザーの賢い仕事探し」を読むと、シングルマザー特有の仕事探しのポイントが分かり、自分の条件を諦めずに探すことができます。




離婚後に自分に合った条件で仕事を探すポイントは3つ

離婚後に自分に合った条件で仕事を探すポイントは3つ

シングルマザーで仕事を探すのであれば、転職サイトに登録するようにしましょう。
なぜなら、自宅にいながら無料で仕事探すことができるからです。

ただし、転職サイトを登録する前に仕事を探すポイントをおさえておくと、自分に合った仕事が見つかるようになります。

離婚後の仕事を上手に探すポイント1 求める条件をハッキリさせる!

シングルマザーが仕事を探すときは、給料や休みの曜日、残業の有無など、かなり条件がでてきます。
すべての条件をクリアしている会社が見つかればいいですが、見つからないことが多いでしょう。

そのため、絶対に譲れない条件を紙に書き出してみてください。書き出すことで、客観的になり、何が優先する条件なのか、順位ができてきます。

このことによって、自分が求める条件がハッキリと分かり、仕事を探すときの基準となります。

すると、基準をもとに仕事を探すので自然と方向性が決まり、ご自身が理想としている会社が見つけやすくなります。

この基準はとても大切で、仕事探しの基準があるか、ないかで転職活動が多きく変わるといっても過言ではありません。

基準ない場合は、転職活動中に自分自身が何を求めているか分からなくなり、入社しても求めている条件となんだか違うと感じ長く続かず、また転職活動することになってしまいます

それでは、ご自身の職歴を汚してしまい、今後の転職する機会があったときに大きな影響がでてしまいます。

そのようなことにならないためにも、しっかりと自分の譲れない条件を見つけ出していく必要があります。

離婚後の仕事を上手に探すポイント2 将来性のある仕事を選ぼう

シングルマザーで仕事を探す譲れない条件として「給料」を最優先に考える人は多いです。

しかし、これでは目先の収入だけを見て決めてしまっているので、長く働くことが難しいでしょう。

なぜなら、お給料の金額だけではヤル気が長く続かず、定年、もしくは最低でも子どもが自立するまで働き続けることが困難だからです。

「お金のため頑張ればいいのでは?」と言う方もいらっしゃりますが、体と心は正直でいずれ体調を崩し、うつ病になり、酷くなれば社会復帰が難しくなることもあります。

そのため、将来的に働ける計画を立てて、やりがいを感じれる仕事を探ようにしてください。

たとえ給料が良くても、やりがいを感じられない仕事だと、なかなか長続きはしません。筆者の知り合いの臨床心理士もおっしゃったほどです。

しかし、やりがいと言われても、まだ働いていないので仕事内容に関心を持つことが厳しい方もいます。
その場合は4つのポイントで仕事を探していくと、入社してから「やりがい」が見つかるようになります。

  1. 昇進・昇給が見込めるかどうか
  2. 他の企業でも役立つスキルが身に付くかどうか
  3. 働きながら資格を取得できるかどうか
  4. 将来的に需要が無くならない業界かどうか

離婚後の仕事を上手に探すポイント3 仕事と結びつく資格を取得する

子どもがいる母親は、時間的な制約や突然の休みなどが発生しやすいため、かなり仕事探しに苦戦します。

しかし、仕事に直結する資格を持っていると優遇されることがあります。たとえば、宅建や介護士の資格が優遇されやすく、給料も資格手当てがあります。

このことから慌ててとりあえず転職するよりかは、資格を取得してから転職活動を始めても賢い選択にもなります。

チャンスは何もしなくても逃げていきますが、焦っても去っていきます。そのため、チャンスを逃さないためにも、仕事に結びつく資格を取得して準備することはとても大切です。

しかし、シングルマザーは時間に制限があるので、学校に行ったりして資格を取ることは難しいですね。

それでも仕事に繋がる資格を取っているシングルマザーの方たちがいます。
その方たちの勉強を調べてみると、多くのシングルマザーの方は、好きな場所でスキマ時間を活用できる通信講座で資格を取っていることが分かりました。

とくに「ユーキャン」は「自立支援教育訓練給付金」が使えるので、対象の教育訓練を受講し、修了したときには、経費の60%(1万2,000円~20万円)は戻ってきてくれます。
行政書士やFP、介護事務など34講座もあるので、自分が関心がある、仕事で使えそうと思っている資格に出会いやすいです。

仕事がうまく見つからないシングルマザーの方こそ、がむしゃらに就職活動するよりは一度立ち止まり、資格を1つ取るだけで道が大きく開け変わります。
さらに資格を持っている人の方が頑張って勉強し取得したことで自信に繋がり、自分が望んでいる仕事に就きやすい傾向があります。ぜひ、考えてみてください。

ユーキャンのタイプ別オススメ資格ガイド

離婚後のシングルマザーの仕事探しは転職サイトを使おう

離婚後のシングルマザーの仕事探しは転職サイトを使おう

仕事を探すとなると、ハローワークや求人雑誌で探します。
とくに現在は求人サイトもあるので、とても簡単に仕事を見つけれます。
名前や住所などの基本情報を登録するだけで、いつでも探せれたり、最新の求人をチェックしたりできるので、やはり就職活動・転職活動をするなら求人サイトを使った方が有利です。

また、ご自身が登録した情報をもとに企業が興味を持ち、直接オファーがくる「スカウトサービス」もあるので、待遇や条件が他よりいい会社と出会える確率も高いです。

このほかにも、転職サイトによってはアドバイザーが転職のアドバイスや希望に合った職種や仕事を探してくれたりします。
忙しいシングルマザーだからこそ、このようなサービスをうまく使って、効率的に仕事を探すといいでしょう。

仕事探しはシングルマザーが使いやすい求人サイトを使おう!

現在、求人サイトはたくさんあるため、どこに会員登録していいか迷い、知っているサイトにとりあえず登録という方が多くいらっしゃります。
しかし、このやり方はかなり効率が悪く、自分に合った会社と出会えるまでかなりの時間がかかってしまいます。

時間がないシングルマザーが求人サイトを使って就職・転職活動をするのであれば、まずは自分が利用したい求人サイトの特徴を知るようにしましょう。

なぜなら、求人サイトには管理職や接客業に特化した求人といった得意な分野があるからです。

そのため、条件が人より多いシングルマザーがいい仕事を見つけるには、自分自身が使いやすい転職サイトを見つけることが大切です。

では、さまざまな転職サイトの中で、シングルマザーが利用しやすくと評判がいい転職サイトを2つ厳選しました。

1つ目の「就職Shop」は、大手リクルートが運営している求人サイトです。
「就職Shop」がリクルートが運営している「リクナビ」と違って、就職相談を受けてから自分に合った求人を紹介してくれます。
アドバイザーにご自身が求めている条件を伝えたら、仕事の求人を探してくれるので、とても便利です。

リクルートが運営|フリーター、既卒、第二新卒に強い就職支援【就職Shop】

2つ目は「バイトルNEXT]は、正社員で働いた経験がない方が就職先が簡単に見つかりやすい求人サイトです。
なぜなら、バイトの経験だけで正社員の仕事が探すことができるからです。

求人掲載数も5万件以上なので、全国規模で条件に合う会社が見つかりやすいので、離婚後は地方の実家に戻る方も使い勝手がとてもいいです。

全国から社員求人を検索【バイトルNEXT】

求人サイトに登録してはすぐに解除する方が多くいます。
それでは、アドバイザーやスカウトなどのサービスがあっても使いこなせていないので、自分が合った会社と出会えてる機会を自ら切っていることになります。メンタリストDAIGOさんも、慌てて計画なく動くよりも、準備をして待つことで運を勝ち取ることが大切とおっしゃっていています。自分に合った条件で長く正規で働ける仕事に出会いたいのであれば、求人サイトに登録したら必ず1か月は登録し続け、待つようにしてください。そして、待っている間に資格を取ったり、スキルアップをしたりと準備をしましょう。

離婚後のシングルマザーの仕事探しは譲れない条件を決めよう

シングルマザーの仕事探しは、

  • 譲れない希望の条件を書き出して絞ろう
  • 給料の金額も大事だけど、やりがいが一番重要
  • 転職サイトの登録は自分に合うサイトを使おう

この3つをおさえておくと、ほかのシングルマザーより仕事は探しやすく、見つかりやすくなります。

では、次はにコチラを目に通しましょう。知っておいて損はしない情報です。

転職や久しぶりに仕事をしようと思うけれども、「転職を考えてるけれど、有利になる資格がある?」「久しぶりに仕事を探すけど、何かスキルがあった方がいい?」と悩んでいる方が解決できる記事になっています。この記事を読めば、選択を間違えずに資格を取ることが分かります。

スポンサーリンク